かものはしプロジェクト(左より)早瀬 真理絵様、五井渕 利明様

「なんとかしたい」を大きな力に変え、より良い社会をつくっていきたい

CSR活動の一環として、2017年から「社会起業家助成プログラム」を開催しているテル・コーポレーション。記念すべき第一回には、「かものはしプロジェクト」への支援・寄付を決定し、その後も継続して支援させていただいております。
前回の取材からコロナ禍を経て活動にどのような変化があったのかなどを、日本事業部の五井渕利明様、ソーシャルコミュニケーション事業部の早瀬真理絵様をお迎えし、お話を伺いました。

かものはしプロジェクトとは

「こども子どもが売られない世界をつくる」をミッションに掲げ、2002年に立ち上げられたかものはしプロジェクト。「こども子どもが売られる問題」をなくし、世界のこども子どもたちが未来への希望を持って生きられるようにと、寄付・募金・ボランティアの協力によって、カンボアやインドで活動を続けてきました。
設立20年を迎えた2022年6月には、ミッションを「だれもが、尊厳を大切にし、大切にされている世界を育む」に変更。「こども子どもの虐待や貧困『なんとかしたい』を大きな力に変えていく」というキャッチフレーズを制定して生まれ変わり、現在はインドと日本での活動に注力しています。

─ 前回の取材以降の、かものはしプロジェクトの活動についてお聞かせください ─

活動の拠点をカンボジアからインドに

貴社からのご支援や、様々な関係者の努力の末に、こどもの売られる問題がほぼないと言える状況になり性的搾取のおかげもあり、2018年にはカンボジアでのこどもの性的搾取を目的とした人身売買がゼロに近い状況となり事業を終了しました。まずはこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。また、この度も新たにご寄付をいただきまして、誠にありがとうございます。

カンボジアに続き、現在はインドでに拠点を移し、人身売買に関わる活動に資金援助をしています。商業的性的搾取や労働搾取を目的とした人身売買が横行しているインドでは、2012年から活動を開始しており、こ子どもが売られない社会の仕組みをつくる「タフティーシュ事業」と、サバイバー(人身売買被害者)が自分の人生を取り戻すための「リーダーシップネクスト事業」という二つの事業を展開しています。

サバイバー(人身売買被害者)に寄り添う二つの支援

「タフティーシュ事業」とは、現地パートナーやサバイバーとともに、加害者の捜査・裁判や被害者支援の仕組みを変えていく取り組みです。2023年度昨年の具体例でいうと、現地弁護士パートナーの協力を得て124名が被害者補償申請をし、55名が認められて補償金を受け取ることができました(69名は保留中)。日本円にして15万〜150万円の補償金は、サバイバーたちの裁判資金をはじめ、生活の立て直しに大いに役立っています。

もう一つの「リーダーシップネクスト事業」というのは、人身売買の被害を生き抜いてきた一人ひとりがサバイバーとして自らの人生を取り戻し、サバイバーからたちが立ち直り、今度はリーダーへとなって社会を変えていくことを目指すものです。心のケアから識字、本来の権利を行政等に主張できる力を身に付け、人身売買の阻止だけでなく、彼らが変えていきたい、取り組んでいきたいと思う活動を支えています。昨年現地に赴いた時には「警察に自分たちで被害を訴えることができた」などの報告を受け、着実に活動の成果が出ていることを確認しました。

現在、サバイバーリーダーと呼ばれる若者は1,000人以上となり、私たちはその一人ひとりの声に耳を傾けてニーズを探り、問題解決に取り組むパートナーとして「かものはしにできること」を模索し続けています。

学校再開後も、中退の危機にあった少女達の進級率は97%に!

ルーム・トゥ・リードが活動を行っている地域の事務所にいる現地職員は、100%地元で雇用されているため、現地の言葉や文化に精通しています。地域コミュニティの当事者が率先してプログラムを構築し、提供しているのです。その一環として、地域の女性をソーシャルモビライザー※として採用、育成しています。彼女達は、少女達のメンターとして一人ひとりと直接つながっているため、コロナ禍でも、リモートでのメンタリングセッションやライフスキル教育を継続することで、サポートを行ってきました。学校再開後、2022年末時点でのプログラム参加者の少女達の進級率はなんと97%。また、プログラム修了生のうち70%以上が高等教育に進むという結果になりました。これは、草の根支援が功を奏したのだと大変喜ばしく思っています。

※プログラムに参加している少女達のロールモデル、助言者、擁護者として行動する女性

─ 新型コロナウイルス感染症の流行などで、活動に変化はありましたか?─

コロナ禍以前からずっと懸念していた日本

新型コロナウイルス感染症の流行は、事業に大きな影響をもたらしました。インドでも多くの方が亡くなりましたし、都市部にいる人々に対して地元の村に帰れという指示も出たりするなど騒然としました。日本でも仕事を失って食事にありつけなかったり、引きこもったりする若者が続出するなどして、私たちも緊急支援を行いました。

世界中が危機に見舞われ、社会は混乱。さまざまな課題が噴出しましたが、実は、新型コロナウイルス感染症が流行するもっと前から、日本のこども子どもや若者を取り巻く虐待や貧困について懸念していました。ただ、設立当初のミッションである「こども子どもが売られる問題」ポリシーに沿わないという理由から着手できない状況にあり、ずっと歯がゆさを感じていたのです。

「こども子どもが売られる問題」以外にも、目の前に解決しなければならない課題が複数あるのなら、それら一つひとつに取り組んでいきたい。そんな思いが膨らみ、ついに2019年、大きく舵を切り日本での活動を開始しました。

多くのサポーターの方々が日本事業に賛同

海外への支援から日本事業を始めるにあたり、かものはしの当時のミッションに同意してご寄付くださっているサポーターの方々が、離れていってしまうのではないかという不安もありました。

2019年の総会でのパイロット事業開始のご報告後、2020年の新年にサポーターの方々に年賀メールを送り、正式にその時、初めて日本事業を始めることをお伝え報告したのですが、少数ながら「私が支援しているのは海外での人身売買。海外のこどものために資金を使ってほしい話が違う」と退会された方もいらっしゃいました。

しかし、実際には賛同してくださる方が圧倒的に多く「日本のこども子どものことも気になっていた」「かものはしがそれに取り組んでくれるのは嬉しい」という応援の声をたくさんいただきました。

─日本ではどのような事業を展開されているのかをお聞かせください─

虐待された人が回復できる社会をつくる

日本事業は主に二つで、一つは若くして望まない妊娠等をして、家族からのサポートも受けられないという孤立した妊産婦の支援です。一人でこども子どもを育てていくことが困難な妊産婦とつながり、産前産後に安心して過ごせる暖かい居場所を提供。地域の支援者とともに安心して、産み、育て、暮らすことができるように取り組んでいます。2024年4月には、孤立しがちな妊産婦さん向けの居場所「ふたやすみ」を千葉県松戸市に立ち上げました。

もう一つは、児童養護施設などを出た若者の巣立ちの応援事業です。虐待を受けた経験を持つこども子どもたちが入る児童養護施設というのは、高校卒業と同時に出て行かざるを得ないことがほとんど。しかし親や家族を頼れず、経済的な後ろ盾もない彼らの多くは、退所後に生活困窮に陥りやすいという状況にあります。そこで、児童養護施設や支援団体などとのつながりを持ちながら退所後も安心して生活できることを目指して、現場支援と政策提言を行っています。他の地域の知見などを参考に考え実行し、また、制度改善を求める活動によって日本の若者の退所後のアフターケアを充実させていこうと取り組んでいます。

2022年、新しいミッションを制定

日本での児童虐待の相談対応件数は年々増え続けていて、2020年以降は年間20万件を超えています。日本ではこども子どもがは売られることはない、しかし、虐待や貧困をはじめとした日本のこども子どもを取り巻く悲しい現実は、目を背けられないほど深刻になっています。かなり長い時間をかけて議論した結果、私たちは「尊厳」という言葉にたどり着き、2022年に新しいミッションを制定することとなりました。

だれもが生まれながらにして持っている「人」としての「尊厳」を、だれもがお互いに大切にしあえる社会をつくりたい。その思いを込めて「だれもが、尊厳を大切にし、大切にされている世界を育む」としました。
ロゴも、これまでの動物の「かものはし」に代わり「架け橋」をイメージしたものに変更しています。

新映画プロジェクト「She Creates Change」トライベッカ映画祭2023トライベッカX賞の公式セレクションに選出

今年2023年4月に、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムを受けた12人の少女が登場する電子書籍「少女達が未来を変えていく(英タイトル:She Creates Change)」の日本語版を発行、無料で公開しました。この書籍には、女子教育プログラムの学びを生かし、性別や環境の固定観念にとらわれることなく困難を乗り越え、試練に立ち向かう少女達の物語が収められています。この書籍が世界中に広まって子ども達の未来のお手本になるとともに、子ども達の可能性を広げる契機となることを目指しています。

また今年2023年10月には、この書籍版から6名の少女をアニメーションと実写で映像化した映画版を公開する予定です。こちらは、なんとニューヨークで毎年開催される世界的に有名なトライベッカ映画祭においても、公式セレクションに選ばれました!

この他にも、ラジオやポッドキャスト等、少女達が実際に直面した困難と、未来を変えるためにとった行動と勇気の物語をあらゆる媒体で展開していこうと計画しています。それを世界中からアクセスできるようにして、ルーム・トゥ・リードの活動が届かない世界中の4億3200万人以上の少女達にも、ライフスキルを始めとした女子教育プログラムの教材として、お届けできればと思っています。

インタビューを終えて

低所得コミュニティの子ども達や差別を受けている子ども達に、教育というチャンスを提供し、「子どもの可能性を広げ世界を変えていきたい」と熱く語ってくださった松丸様。その実現に向け、休むことなく走り続けるルーム・トゥ・リードのパワフルな活動に、私達は強く胸を打たれました。

弊社としても、一人でも多くの子どもの明るい未来を願い、より良い世界づくりに貢献できるよう、今後も可能な限り支援を続けていく方針です。

松丸 佳穂(まつまる かほ)

特定非営利活動法人ルーム・トゥ・リード・ジャパン事務局長。早稲田大学第一文学部卒業後、リクルート入社。広報、結婚情報誌の編集・企画を担当。
世界文化社・社長室を経て、現職。ルーマニア、ロシアなど海外で育ったことから、読書や教育の重要性を身をもって体験。ビジネスと同じようにスケールとスピード感をもって途上国に教育支援をするルーム・トゥ・リードの活動に深く共感し、2010年、ルーム・トゥ・リード・ジャパンを立ち上げ、事務局長に就任。趣味はフィギュアスケート観戦(浅田真央さん、羽生結弦さんの大ファン)。